年末年始からこの三連休にかけて、休みが多かったちちが、やる気を出して台所に立つことが多く、家族皆恩恵を被っています。

お正月は、
私がお煮しめ、きんとん、なます、雑煮を作り、

ちちが、ローストビーフ、角煮と味玉、ポテトサラダと本格派カレーを作って、皆んなが食べたい時に食べられるようにしてました。

この三連休も、ちちこだわりの牛丼、再びの角煮と味玉(お正月は息子2にほぼ食べられたので、今回増量!)、味玉のタレを使い回した鶏肉のみぞれ煮など、洗い物さえしておけば、自動的に美味しいものが食べられた!幸せ〜。


と、良い事ばかりだったのですが、マロンちゃんだけ可哀想な羽目に、、、。


マロンちゃんの出入りはいつも台所の掃き出し窓からで、帰ってくるまで開けっ放しです。
最近は昼寝から目覚めて出たいということがあって、もう暗くなってるけど、すぐ帰ってくるので、夜遊び禁止令を少し緩めてあげていたのです。

その開けっ放しの窓を、台所で料理をしてるちちが、寒いからと何の気なしに閉めてしまい、それに私も気づかないことが二度!

息子たちには、必ずマロンがいる事を確認してから締めるようにと言ってあるし、大体開いてることを気にしないので大丈夫だったのに。

マロンちゃん、冬空の下数時間締め出されてました。

大声でニャーニャー鳴かないから気づかなかったよー。(ダヴィマロンどちらも大声で呼ばず、静かに待つタイプなのです。可哀想に。)

マロンちゃんのベッドは私達の目線より高いところにあって、ベッドにいるかは気をつけて見ないと分からないし、出入り口は開けっ放しだと思ってて、締め出しに気づかなかった!

最初のときは、数時間後にあれマロンがいないと気付いた私が、玄関とデッキからマロンちゃーんと呼んで、窓を開けておいたら、すぐ帰ってきました。

良かったー。


そして、二度目は、
居なくなったことに気づく前に、居間の窓の外からニャーンとマロンちゃんぽい声が!
開けたら、やっぱりマロンちゃんが!(◎_◎;)
すぐ入って来ました。

台所の方でも鳴いてたかもだけど、大声ではないのでそっちで鳴いても聞こえなかっただろうね。

夏に網戸の外にいるマロンちゃんを、居間の窓を開けて入れてあげたりしたことをちゃんと覚えてて、居間の窓まで来て鳴いたんだなー。

前回より賢くなってるマロンちゃん。
学習せず、二回も窓を締めるちちとなかなか気づかない私より頼りになるね。

それにしても、ちゃんと帰ってきてくれてありがとうね〜。
寒い冬だから当たり前かもしれないけど、外よりうちが良いと思ってくれてるんだーと嬉しいです。
これからも帰りたくなる快適な居場所にすべく努力するねー。

帰ってきて、ヒーターを敷いてる自分のベッドで寝るマロンちゃん。
b0086939_22533586.jpg



[PR]
# by inunodavinti | 2017-01-10 11:06 | | Comments(0)


私の横にもたれて、仔犬みたいな顔のダヴィ。
b0086939_23075133.jpg
可愛い😍

実はちちが食べてる味玉を見つめています。
b0086939_23075260.jpg
あれはオレも食べられる卵じゃないんですか?

残念ながらちちのみたいだね。


マロンもお膝に乗ってます。
b0086939_23075386.jpg
左眼がショボショボするのかな?
b0086939_23075422.jpg



お正月は、二日から出勤。お正月手当てもついてラッキー。
出勤途中に、ちょうど箱根駅伝を見られました。
b0086939_23075565.jpg



あとは初詣がまだ。

ダヴィの散歩で近所の神社は通るけど、お参りまでは出来ないからなー。






さて、2017年観劇第一弾は、三越劇場の新派公演。

華岡青洲の妻

歌舞伎界から新派入りした、市川月乃助改め喜多村緑郎、市川春猿改め河合雪之丞ほか。

二人の入団でさらに見応えあるものになってました。
これから新派も見ようっと。
ただやはり今回も私達はギャルねという、周りの年齢層でした。

歌舞伎もだけど、新派も出演者の和服での立ち居振る舞いが自然でカッコいいなー。

時代劇ではこうはいかないもんね。

この日のお席。
b0086939_23075512.jpg
一階14列ほぼ正面。

日本橋のコレド室町でランチもしたし、楽しかった!











[PR]
# by inunodavinti | 2017-01-08 22:48 | 歌舞伎など | Comments(0)

謹賀新年❗️


b0086939_17504958.jpg


今年もよろしくお願いします。

家族皆んな健やかにこの一年過ごせますように!


[PR]
# by inunodavinti | 2017-01-01 17:40 | Comments(0)

大晦日


台所から居間に戻ったら、こんな状態。
b0086939_14312087.jpg
超可愛い😍悶絶。


この面倒くさそうにちょっと顔だけ出してるのがたまりません。
b0086939_14312109.jpg



今年は誰も帰省しないので、普通に年越し。

年末に連休があったので、小掃除をちょっとやって買い物もして、今日は料理をする予定です。

その合間に、今ハマっている3月のライオン🦁の漫画を熟読。
アニメを見たら面白くて、漫画も大人買いしちゃいました。

またお正月に再読しなくては。


では皆様、よいお年を〜。





[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-31 14:15 | Comments(0)

マロンちゃん

b0086939_21135122.jpg
お膝で真顔のマロンちゃん。

b0086939_21135110.jpg
お尻が大きく見えるよ。

b0086939_21135215.jpg
重いです。

膝の上で、パーカーの紐で遊ぶマロンちゃんはこちら。カメラに映るように紐を持ち上げてますが、いつもはそのままの状態で紐に猫パンチされます。


ファンヒーターで暖まってる風ですが、違います。
マロンちゃんは熱風は嫌いです。
b0086939_21135335.jpg

これは、スイッチを入れたばかりのとき、種火?が付いてるのを覗き込んでるのです。
この後炎が上がって、熱風が出てくると逃げます。

今冬になって、急に種火に関心を持ち始めました。笑笑


[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-27 21:05 | Comments(0)




b0086939_18154233.jpg

職場の今年のクリスマスツリー。
ハロウィンが終わったらすぐにツリーがあったのでもう物珍しさは無くなっちゃった。

うちのクリスマスは息子たちも大きくなったしプレゼントは特に無し。
ケーキはちちが頼んでくれたもの。
ご飯はちょっとだけクリスマスっぽかったかな。




さて、歌舞伎座 一部 あらしのよるに
b0086939_19444863.jpg
地下の木挽町広場にあった、がぶとめいのぬいぐるみ。
可愛い💕

初幕見に挑戦しました。

前日に歌舞伎座に電話して幕見の並び状況を聞いて、頑張って販売一時間前に到着!
b0086939_19444933.jpg
でも30分前でも座れたなー。
私の番号はこちら。
b0086939_19444952.jpg


始まったときには席は満席でした。

席は並んだ番号順に入って自由席。

この日の席から。
b0086939_19445087.jpg
四階一列右端。

あらしのよるには面白かったです!

特に獅童の狼のがぶがとても良かった。

また観たいなー。


そして、続けて二部も観劇。
二部のお席。
b0086939_19445103.jpg

二階正面2列。

中車、松也、七之助の新歌舞伎、吹雪峠。

立ってるだけの場面でも、中車の演技力が凄かった。良い役者さんだ。

勘九郎、七之助、梅枝の寺子屋。
勘九郎は松王丸が似合う。
やっぱり勧進帳の弁慶もやって欲しいなー。













[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-25 10:27 | Comments(0)



大きな公園の写真の残り。
b0086939_23361391.jpg
ダヴィ参上の蹴り蹴り。

視線の先には米粒のようですが、ワンコさんがいます。
b0086939_23361435.jpg


最後の紅葉かな。
b0086939_23361585.jpg






さて、歌舞伎座 十二月大歌舞伎に行ってきました。
b0086939_23361682.jpg



三部の玉三郎の舞踊二つ。

二人椀久は、以前に染五郎、菊之助で観た。

今回は勘九郎、玉三郎。

相変わらず、長唄がほぼ耳に入らない私。

でも最近舞踊は好きなんだよね。
踊りだけから感じるものはあるもんだ。


京鹿子娘五人道成寺

玉三郎、勘九郎、七之助、梅枝、児太郎。

超豪華だったー。特に最後の鐘と一緒のところが。

それに、やっぱり何人かで踊ってても、玉三郎に目がいくなー。

踊ってる感が無いのに、存在感が半端ない。

とても良かったです。
始まる前は眠かったけど、全然目を瞑ることは無かったです。

一部と二部も観たいなー。

この日の席。
b0086939_23361760.jpg

一階左寄り21列。
[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-20 09:05 | 歌舞伎など | Comments(0)

ちち、黙る。

b0086939_08182276.jpg
紅葉もそろそろ終わり。
b0086939_08182372.jpg


b0086939_08182462.jpg

見納めです。


カーミングシグナルを知ってから、息子たちやちち(夫のこと)がダヴィやマロンちゃんをグリグリしてるときに、ちょっと嫌って言ってるよ、と伝えることがある。

皆んな、「嫌がってないし!」とか言うけど、こちらは淡々と、顔を背けてるし、口をペチャペチャしたり、舌をペロリとしてるよというだけ。

別に行動を無理やりやめさせたりはしない。

でも気づいたときは、感情的にならないように、毎回同じようなことを言ってる。



息子たちは感情的にならない言葉は耳に入りやすいみたい。
でもすぐに行動が変わるわけでもないけどね。

ちちは、原則私の言う通りにはしたくない人だし、いちいち口出しされるのを嫌うので、
たまに、「舌をペロリが何で嫌がってる仕草だって決まってるの?勝手にそう解釈してるだけじゃないの?」ということがあった。

それに対して、上手に答えられない私。

それって、英語を話してる人が、NOって言ってるとして、それが嫌とか違うっていう意味ってどうして分かるの?というに等しい。

教科書にそう書いてあるから!とか言って納得するには、相手がその教科書の権威を認めてないと無理だもんね。

そうじゃないなら、そういう場面でそういう文脈で使ってるから、という経験でしか言えないよね。

実際同じシグナルでも場面状況で意味は変わるしね。
例えば、お口クチャクチャも、ストレスかかった時と寝る前のまったりした時とどっちでも見られる。
人間だとため息も同じだね。
嫌になっちゃった時もフーッとため息、布団に入ってホッとした時もホーッとため息。




さて、どう言えばいいのかなーと思ってたある日。

また私がちょっと嫌がってないー?とか言ってたら、ちちが「このうちには犬猫の気持ちが分かってるつもりの人がいる」とか何とか嫌味を言った。(念の為、ちちは口は悪くひねくれてるけど、根は私より良い人です。)

ムカッとしたけど、ふと思いついてこう言った。

「息子2が幼児の時、息子2が一生懸命喋る話をちちも祖父母も誰も全く聞き取れず、通じなくて息子2が怒ってたとき、いつも私が通訳してたよね。それで息子2も納得して正しかったでしょ?いつも一緒にいてよく見てるから分かるんだよ。それと同じだよ。」と。

ちち、黙りました。

今のところ、その後は嫌味は聞いてません。

全然理路整然としてないけど、説得力はあったかな。
スカッとしましたー!




息子2の通訳と言えば、以前も書いたと思うけど、小学校の給食のメニューで好きなおかずの名前が思い出せず、

息子2「ほら、あれ、あのナイチンゲールみたいな名前の!」

ちち「???」

私「チリコンカーン?」

息子2「そう!それ!」

というのもありました。
このときは、自分でもすごいなと思ったよ。








[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-14 08:41 | しつけ | Comments(0)

動物にも配慮


新聞に載っていた記事。
b0086939_12405091.jpg


子どもたちに「命の大切さ」を学んでもらうために学校などで行なわれる授業で、動物たちに負担をかけないやり方を模索する動きが広がりつつあるという記事。



ある施設では、本物の動物は全く使わない。

以前は犬を連れて行って触れ合ってもらう定番の授業だったが、授業を終えるとぐったり疲れてたり、下痢になったりする犬の心身の健康を考えたためだそう。

それに加えて、「動物は我慢させる対象で、気持ちに配慮する必要はないといった誤った情報が子どもたちに伝わりかねない」とも考えたからだそう。

本当にそうだ!
すごく良い教育をしてる。



以前、そういった授業をしたいと考えたこともあったけど、実現しなくて良かったとホッとした。
悪気は無くても、結果、命だけ救えば、気持ちに配慮しなくてもいいんだと教えてるようなものになっていたかもしれないんだから。

それに、ダヴィンチはふれあい活動に向いてないと諦めたことも結果的に良かったー。

ダヴィンチは絶対嫌だけど、
知らない人に触られて嬉しい犬って、本当にいるのかな?
ただ興奮してるか、我慢してるだけなんじゃないかな。
そりゃぐったりするし、下痢するよね。



私も少し前まで、誤った情報を伝えてるようなものだった。

そう思った子どもが大人になって、動物を飼ったら、その動物は我慢し続ける一生を送ることになる。

うちの息子たちは私よりも頭デッカチでなく、ダヴィンチに私ほど酷いことはしなかったけど、これからダヴィが死ぬまでに、何とか誤った情報を訂正しないと。

有難いことに、動物大好きな息子2は、自分の家族ができても犬は飼わないんだって。
散歩などのお世話は自分では出来ないからだって。
そうだね、奥さんがお世話を全部するという犬好きでない限りやめといた方がいいよと言いました。


犬猫の表情がよく分かるようになると、穏やかな表情や仕草を見てるだけでメチャ癒されるんだから、それで我慢しないとね。
私はその辺りの野良猫さんを見かけて、歩いてたり佇む姿にいつも悶絶してるー。

年をとったら、犬猫のいる老人ホームに入れてと息子たちに冗談半分で言ってましたが、それもよく施設を精査しないと言えないなー。

動物の我慢の上に成り立つ、自分の癒しじゃ、意味ないもんね。
[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-10 15:53 | Comments(0)

仔犬みたい

b0086939_23453154.jpg
息子1の膝にアゴ乗せでアピールしてる途中で寝そうになってるダヴィンチ。

可愛い。

仔犬みたいな顔だなー。

昔を知ってる私から見ると顔の毛色は白くなったなーと思うけど、昔よりも穏やかな顔だなー。

というか、実際の仔犬の頃の写真は興奮顔が多くて、穏やかな顔なんてほとんど無いかも。




穏やかな顔になったダヴィンチですが、天敵への反応はそう簡単には変わりません。

時々会っちゃうから忘れようにも忘れられないよね。

こないだ小粒ちゃん達と歩いてたときにも、苦手犬とすれ違う羽目になりガウガウしながらも何とか通り過ぎて、やっと前を向くとすぐそこに最大の天敵犬がーーー!!

何車線もある道路の反対側でも反応するのに、この近距離はムリムリ。

ダヴィ、久しぶりに興奮で我を忘れてました。
不用意に側に近づくと、ついでに誰彼構わずカプッといかれる可能性のあるレベル。

こんなときは興奮で全く聞く耳持たないので、今は黙ってリードを固定するだけです。

固定してるうちに距離があけば、冷静さを取り戻します。

大きな声で叱ったり、我にかえるように首輪でチョークとかして痛みを与えても、興奮してるときは冷静に考えられないので効果は無いばかりか、その痛みや悪い印象だけが相手犬と結びついて、さらに次回の反応が激化します。

ダヴィンチの天敵犬もそうやって私が強化した結果なんです。

本当に必要だったのは、冷静にしていられるように、そして不安なら自分から避けたりできるように手助けをすることだったのになー。

人間も興奮してると頭が働かないですが、犬も一緒。


天敵犬以外とは、ちゃんと相手をみて、避けたり、見えてても知らんふりをしたり、軽く残り香を嗅いで満足したり、挨拶しようと積極的になだめてみたり、ちょっと興奮気味に誘ったり、色々なやり方を使い分けています。


最近特に、大人しいワンちゃんねーとか、穏やかな犬ねーとかよく言われるダヴィンチ。


これからは、私のせいで天敵犬を増やさないように気をつけないとね!









[PR]
# by inunodavinti | 2016-12-09 22:23 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30