先週の大きな公園での写真。
b0086939_12170658.jpg
秋の終わりにきちんと草刈りをしてくれてるので、もう草の実もほとんど付かない。

夏になったら、草ボーボーで入れない場所が増えるから今が一番色々なところに行けるかな。
b0086939_12170777.jpg


ここでお気に入りの草を食べるのが、マイブーム。
b0086939_12170898.jpg



これはご近所散歩だけど、久しぶりに通った道で、転がっている猫さん。
b0086939_12170957.jpg


ダヴィンチを寝たまま監視してたけど、
お行儀よくしてたので、猫さんも動かず。
b0086939_12170920.jpg


夜、外で野良猫さんの叫び声がしたので、慌ててコタツから出てきたダヴィ。
耳が立ってます!
b0086939_12171059.jpg


最後は、新聞を読んでたら、新聞の上に乗っかってきたダヴィ。
b0086939_12171025.jpg
隣の座椅子との間に無理やり入って、はまってます。

撫でてってことか、実はオヤツが出てこないかなーってことかな。
b0086939_12171190.jpg



マロンちゃんが全然出てこないけど、元気です。










[PR]
by inunodavinti | 2017-02-27 12:03 | Comments(0)



昨日の朝は久しぶりの雨散歩。

小雨だったので結構歩くかなと私はレインコートで出発!
しかーし、一番近い公園で排泄して、匂い嗅ぎして、十分も経たずに帰宅。またコタツでグースカピーと寝てました。

買い物に出たけど息子たちがいたから留守番なし。

夕方散歩は、15:30くらいにコタツから出てきたので、では行きますかと素早く支度をして出発。

待たせなかったからか、最近のリードワークの成果か、出だしからゆっくり散歩。落ち着いてるから、分かれ道でじっくり考えながら、好きな所を歩いてました。

途中のお気に入りの小さな広場で、すごーく可愛い顔😍で私を振り返ったり、自治会の看板の後ろの繁みに入ったので、リードを捌いてたら、看板の後ろから、『かくれんぼなの?』みたいなイタズラっぽい顔で見てきたりと、とっても楽しい散歩になりました!
おかげで、私は幸せホルモンがたーっぷり出たな、きっと。

あー、どっちの顔も写真に残したかったなー。

ヘッドライトみたいに、頭にカメラをつけるか、眼鏡にカメラがついてて、音声でシャッターを切る機能があればいいのに。

今時どちらも器械を買えば出来そうだけどね。

それから、やっぱりもっと自然豊かな場所でお散歩させてあげたいなー。
車、人、他の犬とかが少なくて、のんびりできたらいいのになー。
引っ越ししたーい。別荘でもいい!笑



おまけは、ダヴィさんと猫さんの動画。

b0086939_23094421.jpg

いつものご飯待ち猫さんたちの横をスルーするダヴィさんの動画はこちら


b0086939_23080383.jpg

一度通り過ぎたけど、匂い嗅ぎさせてもらえるかもと気負って迫るダヴィさんの動画はこちら
[PR]
by inunodavinti | 2017-02-24 23:01 | Comments(0)

公園の看板



こないだダヴィがチワワに襲われた公園に、
『犬を絶対放さないでください』という看板がいくつも増えていた。ついでに『球技禁止』の看板も。
野球、サッカー、ゴルフの絵に✖️をつけられてた!
球技禁止は可哀想!
野球少年が壁当て練習してたのにー。
壁当ての音がうるさかったのか?

どうして急に看板が立ったのかと考えたら、ふと思い出した。

最近この公園や近くの公園で、大型犬グレートデンをオフリードで訓練していた。

いつも小柄な女の人が二匹のグレートデンを連れて散歩させている。

一匹はメスで大人しく、ダヴィも近くにいて平気だった。
最近新しく増えたオスで仔犬?は、身体はメスよりもう大きい。ダヴィを見かけると興奮してワフワフ吠えようとして少し暴れて飼い主さんに抑えられてた。(本気で暴れたら絶対抑えられないと思うけど)
ダヴィはそのオスのこには近づかない。グレートデンのおうちの前は通らず、違う方に行く。


そのオスのコの訓練をオフリードでやっているのを、私もダヴィ散歩で見かけたときに、ちょっと怖いなーと思ったんだった。

他犬にまだ過剰反応しそうなのに、オフリードだと止められないし、大型犬で攻撃されたら生死に関わりそうなのに体力的に抑えられそうにない飼い主さんだしと。

もしかしてそう思った他の誰かが、土木事務所に苦情を言ったのかも。
ついでに野球少年のことも。

真相はわかりませんが、看板って、いくら正しいことを書いてあったとしても、見て嬉しいものでは無いなー。
せっかくの公園が殺伐とした感じになるからね。


おまけの写真、
癒される感じ。
b0086939_14455242.jpg


よく寝てます。
b0086939_14455299.jpg









[PR]
by inunodavinti | 2017-02-22 14:28 | Comments(0)


先日ダヴィンチ11歳になりました❣️

去年辺りから、結石やら色々出てきたけど、楽しく毎日を送れていることに感謝。

また一年のんびり過ごそうね。



悪寒がひどかったあのとき以来の大きな公園。
b0086939_21331866.jpg


梅園が満開です。
b0086939_21331933.jpg



残念ながらダヴィンチは中に入らなかったので、外から見ただけ。
b0086939_21410668.jpg



お天気もよく楽しい散歩でした。
b0086939_21332014.jpg
久しぶりなので、ダヴィンチは匂い嗅ぎに必死。

悪寒のときの後に、水入れを失くしたことに気づいた。ダヴィンチを抱っこしたときに落としたかな?と事務所で聞いたけど、無かった。
b0086939_21332105.jpg





最近暖かいので、公園の水道で水を飲みますというダヴィ。

おぼっちゃまに、手ですくって飲んでもらってます。
ちべたいよー。
早く新しい水入れを買おうっと。
軽いのないかなー?

おうちではコタツで寝てます。
b0086939_21332221.jpg


今日は暖かかったので、座椅子の上。
b0086939_21332391.jpg


可愛い顔を撮ろうとして気づかれ、ムッツリ顔に。
b0086939_21332305.jpg

残念。






[PR]
by inunodavinti | 2017-02-17 21:16 | Comments(0)



観劇記録は後の方に書くけど、歌舞伎座にチャコママと行ってきました。

幕間に途切れ途切れに聞いたんだけど、
チャコちゃんはこないだ人間ドックならぬドッグドック?!を受けて、いくつか異常を発見され投薬を考えるかどうかと言われたそう。
念のため違う病院でそのことを伝えて診てもらったら、まだまだ投薬は必要ないという判断だったと。

獣医師の診立てや意見も色々なので、やはり飼い主がそこから選んでいくことになるんだなーと思いました。

選択のときに、『私』が後悔をしないようにと思うと、人はやらない後悔よりやっての後悔を選ぶように思うので、
ならば何を選んでも『私』は後悔は必ずするものと思い、より『ダヴィンチ』が快適にいられる方を選ぶようにしようと今は考えています。

いざという時に忘れないようにしないとね。



さて、歌舞伎座 猿若祭二月大歌舞伎
昼の部を観劇しました。
b0086939_14505123.jpg


夜の部は、勘九郎の息子達の初舞台とのことで、テレビの中村屋ファミリー特集でも流れたせいか大人気で、全日程満席が続いてるよう。




この日のお席。
一階7列右端。
b0086939_14505258.jpg
舞台は近い。横から見る感じは7列だから少し和らいで、そんなに首は疲れませんでした。
b0086939_14505326.jpg
右端だから花道は遠い。

しかも前に人が座ってなかったので、視界良好!
観やすかったです!

猿若江戸の初櫓が勘九郎七之助の踊りで華やか。

大商蛭子島は時蔵さんと芝のぶちゃんが良かった。

四千両は江戸の牢屋の忠実な再現が珍しい!

扇獅子は短い舞踊でした。



[PR]
by inunodavinti | 2017-02-13 11:31 | 歌舞伎など | Comments(0)



こないだの記事の後、ダヴィンチのカンピロバクター食中毒が良くなったと思ってたら、水をたくさん飲んだ後に吐くことが二日続きました。
その間一度だけ服薬を忘れちゃってたのです。
病院に電話で相談し、吐いたこと以外は元気なので、念のため抗生剤を一週間伸ばすことにして、薬だけ取りに行きました。

私は仕事で行けず、息子1にダヴィの様子をメモにして渡して病院に行ってもらったら、抗生剤の他に制吐剤も加わっていました。

メモを見て、吐き気止めも入れときますねと言われたそう。

私が行ってたら、制吐剤は無くてもいいんじゃないかと話せたのになー。

あの後吐き気で苦しんでいる風は全くないし、吐いてないので、今のところ制吐剤は飲ませていません。

薬返したいなー、無理だろうなー。





ところで、こないだの夕方散歩で貸切公園に行ったら、時々見かけるおじいさんがチワワを公園内で放していました。

ダヴィンチにもよく吠えるこです。
ダヴィがこのまま公園に入るつもりなら、止めようと思っていました。

ダヴィンチは公園に降りる階段の上で止まって、じーっと見ていると、おじいさんがチワワを抱っこしてベンチでリードをつけ始めたので、ダヴィンチも公園に入り、匂い嗅ぎをしていました。

後で思い返すと、首輪を回して留めるような動きをおじいさんがしていたので、リードを外していたのでなく、首輪かハーネスごと外していたようです。

すると、ベンチから一番離れた公園の一角にいた私たちのところに、急にワンワン吠えながらそのチワワがダッシュしてきました!
おじいさんの手元から逃げたのです。

おじいさんは追いつく訳もなく、あっという間にチワワは側に来てダヴィにガウガウ飛びかかってきました。

吠えられるだけなら無視するダヴィンチもさすがにガウガウ。

ただこの体格差なので、ダヴィンチを加害者にしたくなかった私はリードで固定して後ろに下がるようにしダヴィンチには不利な体勢。

ようやく追いついてきたおじいさんがリードを付け、チワワに「こら!」とか軽く怒ってみせてました。
あんたがコラ!でしょと思いつつ、「危ない目にあうのはチワワの方ですよ」くらいしか言えなかったなー。

繋がれたチワワは吠えやみ、そうなればダヴィンチは興奮は全く引きずらず。その後の散歩にも特に影響はみられませんでした。

ただ前回の黒ラブと同じ場所で同様なことになり、嫌な関連付けにならないといいけどな。




b0086939_14180474.jpg

別の日の散歩で。
可愛い顔をしていたのでカメラを出したらムッとされたところを、腰の辺りにカメラを持って撮りました。








[PR]
by inunodavinti | 2017-02-12 13:39 | 病気&病院 | Comments(0)

若返り?


ダヴィンチすっかり元気になりました。

このところ続けざまに、ダヴィさんが若いねと言われた。


覚えてるのだけ書くと、

貸し切り公園に向かってると、向こうから、アイリッシュセッターがノーリードでトコトコこちらへやってくる。ダヴィンチはちょっとびっくりしてフリーズしたけど、向こうはダヴィをチラ見しただけで、さっさと通り過ぎました。

私もこちらに来る相手の様子から大丈夫そうだとわかったので、リードは弛ませたままダヴィンチにお任せ。

ダヴィンチは、通り過ぎた直後に我に返ったように、残り香を嗅ぐ為に、後を追いました。

ちょうどセッターの後ろを付いてきていた飼い主さんと並ぶ感じで。

ダヴィの顔を見た飼い主さんが、「若いの?」と。
私「もうすぐ11歳です。」
「へー、若く見えるね。」って。

メスだというそのこの年齢を聞くと、14歳だって。
顔は白くなってましたが、足取りは若々しかったので、そちらも若いですねと伝えました。

立ち止まって匂い嗅ぎをしているセッターのお尻の匂いを失礼にならない程度に(笑)嗅いで、満足したダヴィンチ。

当初行こうとしていた方向に回れ右して向かいました。




そして、今朝の散歩。

午前はお天気が良く、風もなく、お散歩日和。

リードワークを見直したせいか、とりわけのんびり散歩になって、何人もに声をかけられました。

やっぱりゆっくり歩く犬は優しそうに見えるんだねー。

でも困ることもあります。

可愛いねーと触ろうとしたり(ダヴィはサッと手を避けるので、嫌だと相手にも分かる)、オヤツをくれそうになったりね。

一番いいのは、ダヴィをチラッと見て、ニコニコしながら通り過ぎる人かな。
黙っててもお互い心が和む感じでいいわー。


そうそう、のんびり散歩だと、私も写真を撮るのも忘れちゃうんだよね。

コタツの中のダヴィでもどうぞ。
b0086939_18411042.jpg

それにしても鼻が長い。
b0086939_18411283.jpg








[PR]
by inunodavinti | 2017-02-06 18:26 | Comments(0)


具合が悪くて病院に行ったあと、
昨夜、ダヴィンチは、夕ご飯は缶詰にお湯をかけたものをいつもの4分の一量食べました。

食べた後庭に出たら、コタツに潜って出てこないので、散歩は後でにしました。

その後、人間の恵方巻き食べが終わった頃に、コタツから這い出て来て、もうちょっと食べるものありませんか?な顔をしたので、小さめの缶詰療法食を一缶あげると完食。

薬もおかか団子でパックン。

その後、散歩に出ようと外に出ると、さっきしたのか形のあるちっちゃいウンチがありました。下痢止めが効いてるみたい、すごいね!

散歩でも二度ほど気張ってましたが、出るものは僅か。

食べたものを吐く事は無く、寝る前はいつも通りに一緒に就寝。

夜中もいつも通り布団の中と上を使い分けながらも寝続けて、外に出たいということは無かったです。良かった良かった。

ただ朝起きたら、いつものようにまずはご飯でなく、コタツに潜っていったので、食欲はあまり無いみたい。

朝ごはんはふやかしたフードはやはり嫌いで口をほぼつけず、缶詰だけ少しで終了ー。

散歩は遅めに、ゆっくりだけど30分は歩いて帰宅。

夜は、フード半量をいつものようにふやかさずスープに入れたら食べました。お代わりの缶詰はちょっと残したけど。

散歩も朝と同じくらいの軽めで、形のあるウンチも出ました。

まだちょっと元気ないけど、下痢ともいえないくらいしか下してないし、早く良くなるといいね。


ところで、夜中、ダヴィが布団から出た気配で目が覚めて、布団の上で寝続けるのを確認しながら、こういうとき気配で目が覚めるようにできるって、すごい仕組みだなと改めて感心。

息子たちが小さい時もこんな感じだったな。一晩で何度も布団を汚され、嘔吐物を片付けながら息子たちには怒ることもあったなと、今頃遅いけど反省。



こちらは膝で熟睡のマロンちゃん。
b0086939_08082743.jpg


可愛い。😻
b0086939_08082757.jpg


足が浮いてる!
b0086939_08082876.jpg


猫の足って、ホント可愛い💕
b0086939_08082816.jpg



さてさて、ダヴィがいつでも庭に出られるように開けていた間、当然マロンちゃんも出入り自由。

昼間、出入り口のすぐ外で、外界を眺めていたマロンちゃん。
私が台所にいると、みゃああ〜とマロンちゃんの声が!

外を見ると、時々見かける白黒猫さんに追われる感じでマロンがこっちへ。
私が顔を出すと、白黒猫さんは踵を返して逃げていきました。

どうやら、まだ気付いてなかったダヴィの吐いた物にひかれて?うちの敷地に入ってきた白黒猫さんに、マロンちゃんが警戒の声を出したけど、逆に脅された?ってとこ?

ダヴィの外用水入れも猫さんたちの役に立っているのかもね。
マロンちゃん的には面白くないかもだけど。
b0086939_08082994.jpg





[PR]
by inunodavinti | 2017-02-04 23:14 | 病気&病院 | Comments(0)

犬生初めての下痢?



ダヴィのおしっこの出に勢いがないのはしばらく前からだけど、ダヴィが気にしてる感じは無いので、具合が悪くないなら病院には行くつもりはなかった。一度検査してもらってるしね。


それが、昨夜未明、起こされた訳ではないけど、ふと気配で目を開けると、ダヴィが佇んでいるので、もしや?と庭に出したら、長時間かけておしっこをしていた。
膀胱炎による頻尿かと、庭に出入り自由にしておいた。(二度ほど見守ったので寝不足。)

朝見ると、庭に柔らかめのウンチも。
このときは、そういえば昨夜の散歩も短い間に二度ウンチしてたなと思っただけ。

朝ごはんを食べるというので、いつものように用意したけど、食いつきが悪い。けど完食。
いつものお代わりの缶詰には最初口を付けなかった。(出かける直前に結局全部食べた。)

これはおかしいので、病院に行くことに。

反対方向に散歩に行こうとしてたけど、今日はこっちにしようねと誘うと駐車場に付いてきてくれた。

大きな公園に寄って、おしっこ採取。
出ないかもと思ったけど、案に相違して、尿の出は細いけど、ちゃんと出てる。色も薄い透明な黄色で綺麗。すぐに検査分はたまった。

元気そうに植物園も一回りするって。

植物園の水飲み場で水を飲むというので、器に注いで飲み終わったら、様子が急変。

ガタガタ震えだした!

歩くのもフラついてきた。

ウンチスタイルをしようとするが、震えがひどい。
何とか軟便を出す。柔らかいけど、つまめる程度。

でも落ち葉のたまった片隅に入っていって、寝込んでしまった!

これは急いで病院へと、しばらくして立ち上がったタイミングで抱っこするねと抱っこして、駐車場へ向かう。

ダヴィは重いので、途中何度も降ろして休み休み、自力歩行もしてもらいつつね。
そのときに二度くらい、少量の液状便を出した。
下痢と言えないくらいの量だけど、犬生初の下痢かも!


抱っこでもう腕が重くて、コインパーキングから歩いて運ぶのは無理だと、病院前に路駐してダヴィは車に残して、受付へ。

車に残され伏せたままのダヴィ。

若先生が出てきたけど、どうやら大先生と手術中みたい。
でも具合が悪いと言うと診てくれるとのこと。

診察室で体重と体温を測る。
体重は18.66キロ(前回より少し増)
体温、39.9度!(今までは37.4〜38.2度とか)

震えは、高熱のせいで悪寒がしてたんだ!
水を飲んだから腸が動いたのと、冷えたんだね。

30分位で効く即効性の座薬を入れてくれて、おしっことウンチの検査をしてもらう。

待合室でも横になれず、立ったまま、たまにウロウロのダヴィ。

検査結果は、
便にはカンピロバクターが!
生鶏肉とかによくいる食中毒菌で、人間にもうつるから気をつけてくださいって。

おしっこは、やっぱり綺麗で、結晶なし、細菌なし。膀胱炎無し。

今回の不調は食中毒のせいらしい。

抗生剤と下痢止めの注射をされ、
抗生剤一週間分もらって帰りました。

帰ってから、何度か庭に出たダヴィ。

後から見たら、食べた朝ごはんをほぼ吐いてた!

まぁこれで、よりひどい下痢ピーは免れたかも。

ご飯は食べたがったら、ドライをふやかしたものか、缶詰をあげていいとのこと。

昼過ぎまで出たり入ったりを繰り返してたダヴィですが、その後はようやく少し落ち着きました。
b0086939_16334014.jpg
最初はまだ顔は上げた変な体勢のままでウトウト。


その後、リラックスできて、熟睡体勢。
b0086939_16334003.jpg


今はコタツに潜っています。

早く良くなるといいね。






[PR]
by inunodavinti | 2017-02-03 16:26 | 病気&病院 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録