カテゴリ:病気&病院( 34 )

血尿❗️



先日、朝散歩でダヴィが血尿をしました。

今回は、オシッコの最初の10センチくらいが鮮血と言っていいくらい真っ赤!で、その後透明なオシッコが続いて出ました。

一度の散歩でそんなのを何度か。

慌てて、ウンチ用のビニール袋を手にはめてオシッコをキャッチ!
結構な量採尿できました。

紙コップで採尿器を手作りするより簡単だった。
これからこうしよう。

その前の日にも、一瞬血尿?と思ったんですが、その後は普通のオシッコだったので、見間違いかと思ってました。

オシッコを持って、開院時間を待ってダヴィと動物病院へ。

またシュウ酸カルシウム結石かと思いましたが、尿中に結晶は無し。
白血球も多くないので膀胱炎でも無し。
腫瘍などだと他の成分もあるはずだが、
とにかく赤血球が多い。

血の出方を話したら、尿道に傷がある可能性が高いとのこと。

以前の結石が残ってて、今回それが排出されるときに尿道を傷つけた可能性を聞いたら、それも有り得ると。

尿道の傷はかさぶたが出来てもまた剥がれることがあり、治りにくいかもと。

止血剤と二次感染防止の抗生剤を2週間飲むことになりました。

割と大きめの錠剤が二個。1日2回。

ダヴィは薬はそのままでは食べないし、チーズにくるんでも薬だけ吐き出す。
口に無理矢理入れてごっくんさせるのを朝晩やるのは大変だし、ダヴィも嫌だろうから、小粒ままが教えてくれたおかか団子作戦を実行!

ご飯粒を捏ねて、錠剤を包み、おかかをまぶすだけ。

薬の匂いは隠せないからダメかなー?と期待しないであげたら、パクパク、ごっくん。
やったー❗️
ご飯粒できっちり隠すのがいいのかも!
後述しますが、またまたダイエット中のダヴィなので、オヤツは全く無しにしたのですが、薬がオヤツ代わりで、満足してくれるので一石二鳥だ。


そして、何故ダイエットかと言うと、

ダヴィに3つめの脂肪腫が発見されたからです。
これが一番大きく、右腋の下なので、見つかりにくくもしかしたらずっと前からあったのかも。

とりあえず急性でないか一カ月は様子を注視しないと。

脂肪腫は悪さはしないので、邪魔になる程大きくならなければほっとけばよく、出来る子はとってもとってもどんどん出来るらしい。

確かにダヴィの最初に見つかった胸の真ん中のは、2年かけて小指先大が親指先大に二倍になった位。このまま死ぬまでに握りこぶしくらいまでなら平気かなーと思ってましたが、腋の下のは若鶏の卵大。しかも腋の下は手術時の毛剃りが伸びてくると犬がとても気にしちゃう場所なのだそう。動く部分なので、傷も治りにくいのはマロンちゃんで経験済み。
悩むなー。

で、先生の経験則なのですが、脂肪腫というだけあって、痩せると脂肪腫も小さくなることがあるそう。

よって、ダヴィさんはダイエットと相成りました。またちょっと体重増えてたしね。



薬を飲んで2日過ぎましたが、
あれから目に見える血尿はでていません。

このまま治るといいなー。

あ、ちなみに元気で、散歩欲・食欲は旺盛ですので、ご心配なく!

犬にとっては、何よりも生活の質を落とさないことが一番大事だもんね。根治治療よりそれを優先するつもりです。

それからもし手術の場合に備えて、
手術当日に、麻酔が効くまで私が側についておくことができるか?麻酔から覚める時に同じ様に側にいることができるか?を尋ねると、今のかかりつけ病院は大丈夫とのことでした。
これも大事だもんね。

手術を本格的に考えるときは、セカンドオピニオンも行うつもりです。


おまけ。
朝陽の中、デッキでゴロゴロする楽しそうなマロンちゃん。
b0086939_21542150.jpg



[PR]
by inunodavinti | 2016-09-08 21:02 | 病気&病院 | Comments(0)

バラ園&検査結果


大きな公園のバラ園に行ってきました。
b0086939_13254064.jpg

バラはちょっと見頃を過ぎてました。
来年はGW明けて、五月中旬までに行こうっと。
b0086939_13254008.jpg

でもまだまだ綺麗。
b0086939_13254128.jpg

b0086939_13254188.jpg


曇り空であんまり暑くなくて良かった。
b0086939_13300837.jpg


お目当の薔薇を探さないとね。
b0086939_13254153.jpg

これでーす。
b0086939_13254245.jpg
ダヴィンチ薔薇。
チャコちゃんと一緒に。
b0086939_13254238.jpg

そう、ダヴィはチャコちゃんと一緒に散歩してたのです。最初会えて嬉しくてはしゃいで、またちょっと前足アイタタタになってました。(>_<)
ただし普通に歩けるくらいなので心配ご無用です。

曇り空でもやっぱり暑いね。
b0086939_13254282.jpg



お留守番のマロンちゃん。
b0086939_13254375.jpg
思い切り開いてます。
b0086939_13254315.jpg

ちょっと笑ってる?!



さて、ずいぶん前のダヴィンチの検査結果をようやく聞きに行きました。

血液検査は、またコレステロール値が高かったけど、総コレステロール量だけの検査なので人間と同様にこれ位の高さでは特に問題ないとのこと。

尿検査も、シュウ酸カルシウム結晶も潜血も検出されず良好でした!

フィラリアも陰性。

健康状態良好です。
良かった良かった。

来年もこの調子でよろしくお願いしますよ。









[PR]
by inunodavinti | 2016-05-26 08:06 | 病気&病院 | Comments(0)


まだ片付けてないコタツ布団に乗ってご機嫌なマロンちゃん。もう片付けるから見納めね。
コタツないと膝に乗ってくれないもんね。
b0086939_11223217.jpg

でも暑くなるとその辺どこででもコロンとしてるか。037.gif

しかし、マロンはこの後レボリューションを滴下され、またしばらくママ嫌いモードになってました。
一時間もすれば膝にくるけどね。笑
外をうろちょろすることもあるからちゃんとノミダニ予防しないとね。

さて、ダヴィは、狂犬病予防接種と血液検査と尿検査の為に病院へ。

朝ご飯抜きの時間つぶしと採尿の為、手作り紙コップ採尿器を持って朝早めに散歩。

この日は渋々ながら、駐車場から病院までほぼ自分で歩いてくれたからまだ良かった。

b0086939_11223229.jpg
オレは帰りたい。
体重は19.2kg。変わりなし。


尿検査と血液検査の結果は後日また聞きに行くとして、
その他に、胸の脂肪腫が少しずつ大きくなって、右前足にも出来てることを若先生に伝え、白内障も診てもらって少しずつ進んでいるとのこと。
どちらも上手く付き合っていこうね。

狂犬病予防接種を済ませて終了〜。





家に着いたら、ダヴィの様子がちょっと変。

なかなか家に入らず、ようやく入って、朝ご飯をあげてもすぐに食べようとせず、ご飯を足元に持って行ったらようやく食べた。

なんか、以前に首を痛めたときみたいな雰囲気。

でもまぁ完食したしと、車で買い物へ出かけて、
しばらくして帰ってきたら、玄関までお出迎え。

狭い玄関で荷物を持つ私の周りでうろちょろしてたら、ギャンとダヴィが鳴いた。足でも踏んだか?!

その後は私を見てビクビクして挙動不審。

デッキに出て、門の前に移動し、土の上に更に移動。なかなか入って来ない。

ようやく入ってきても、横倒しになって寝ることは出来ないみたい。

夕方散歩まではそんな状況。

でも夕方散歩は長めに行って、夕ご飯は完食して、夜は横倒しで寝てたから、よくなって良かったと思ってた。

朝、ダヴィの悲鳴で起きる。
ギャンと鳴いて暴れたみたいで、ちちにぶつかり私にもぶつかってきた。

怯えてるけど立てるし様子はそれほどおかしくない。

先に階下に降りて、息子2の弁当など作ってると、ダヴィも自力で降りてきた!

でも朝ご飯は食べず、元気はない。

朝散歩では、うちを出てすぐの草むらで長〜くオシッコ。一番近い公園でも長〜いオシッコ。

ちょっと匂いを嗅いだら、伏せてしまった。
b0086939_11223202.jpg

目を瞑ってるし。
b0086939_11223317.jpg

大丈夫〜?

それでも少ししたら、また立ち上がって歩いて、もう一つ向こうの公園へ。ウロウロしてお気に入りの♀ラブに挨拶して、水を飲むって。
b0086939_11223345.jpg

朝から全く飲み食いしてないから、水を飲んでくれて良かった。
b0086939_11223460.jpg


で、またさっきの公園に戻って、ちょっと匂い嗅ぎしたらまた伏せちゃった。
b0086939_11223414.jpg

オレは具合が悪いです。
b0086939_11223532.jpg

表情も冴えない。
b0086939_11223596.jpg

しょぼ顔です。
b0086939_11223543.jpg


家に帰っても、やはり中々家に入らなかったけど、入って来たら、残してあったご飯を見て、
このふやけたご飯は食べたくないですって顔で私を見る。
ハイハイ、新しいのをご用意しますよと、ふやけたのを捨てて、再度用意。

はい、完食しました。いつもの通り缶詰のお代わりも。

ちょっと心配だけど、仕事に出かけました。

午後帰って来たら、ダヴィさんだいぶ治ったみたい。
その後はちょっと大人しめだけどほぼいつものダヴィさんでしたー。

良かったー。


何だったのかなー?

多分、病院で採血とか痛いことされたけど大人しく頑張って、ストレスか車の乗り降りかで首も痛めて、病院に連れてって保定もして、足も踏んだ私のこと怖がって、朝は寝起きに忘れて首を動かしたら痛くて、すっごく具合が悪い感じになったってとこかなー。

それにしても治って良かったね。








[PR]
by inunodavinti | 2016-04-28 07:12 | 病気&病院 | Comments(0)

b0086939_08240535.jpg

近所の公園で。

桜の名残り。
幹の桜は散っちゃいましたが、同じ木でもひこばえに咲いた桜はまだ綺麗。

桜の向こうでダヴィさんもふんがふんがしています。笑


そして、近所の道沿いの桜。
b0086939_08240619.jpg


ここはソメイヨシノ以外の桜が数種類並んでいて、今が盛りです!

でも、昨日から雨だからもう散ったかなー。



さて、マロンちゃんの白内障ですが、
目薬のおかげか、右眼の白濁はすっかり綺麗になりました。
b0086939_08240635.jpg


見た目だと白内障も治ったねという感じ。

b0086939_08240700.jpg
アップで撮ろうとしたら、機嫌が悪くなりました。
ごめんね、マロンちゃん。


でも本当のところは病院で水晶体を覗いてもらわないとわかりません。

でもわざわざ病院には行きませーん。

行って治るものでもないし、マロンちゃん病院嫌いだし、連れて行くの面倒だし。
次回のワクチンのときにでも診てもらえばいいかな。
万が一、白内障でなければラッキーということで。

でもこうなって考えてみたら、うちに来た最初から白内障で右眼はほぼ見えてなかったということもアリかも!?

色々原因を考えたのですが、水晶体にまで届く怪我はしたことが無いけど、うちに来た時に右眼の周りは引っかかれたような怪我はしてたなーと。
当時の写真はこちらで。注!胸にぱっくり開いた傷の写真もあります。

当時は怪我の後しばらく経った状態で保護したので、眼球は怪我は無いと思ってたけど、もしかしたらその眼の傷が実は深いものだったのか?

片目しか見えないから、マロンちゃんは確認できない高い所に上がろうとはしないのか?

シンクや冷蔵庫の上には一度も上がったことがない。
同じ位の高さの出窓やテーブルには上るけど、多分最初は椅子や座卓を経由して上を確認してから。
階段の手すりも、階段の上から確認できる一階手すりは上がるけど、二階は上がったことがない。

高い所自体は平気で、ロフトへの梯子も上るし、二階ベランダの手すりにも上るけど、上る先を目視できるところ限定。

すごーく慎重な性格なんだと思ってましたが、もしかしたら片目が見えてなかったのかもなー。

まぁ、だとしても、これからも今まで通りマロンちゃんが楽しく暮らしていけるようにしようね。

目薬も終わりだしね!

b0086939_08240732.jpg

膝に乗ってきたらすかさず目薬さすので、もうママなんて嫌いだーと逃げて行くんだけど、しばらくすると戻ってくるマロンちゃん。笑
可愛いぞ!
b0086939_08240774.jpg

この写真だととても肩幅広いガッチリ体型みたいに写ってる。笑

ちなみに次は隙をついてマロンちゃんの爪を切るように、写真のように爪切りを用意しています。

爪を切ること自体は平気なんだけど、手を持たれるのが嫌なんだよねー。













[PR]
by inunodavinti | 2016-04-14 07:38 | 病気&病院 | Comments(0)

白内障

b0086939_22461599.jpg

マロンちゃんがご機嫌ナナメです。

油断するとママに目薬をさされるんだにゃ。怒





突然ですが、マロンちゃんの右眼が白内障になりました。
よーく見ると白いの。
光の加減で右眼だけ真っ白に見えることもあります。
b0086939_22461614.jpg



右眼白濁に気づいたのは数日前で、翌々日に受診したら、水晶体が濁っていて、右眼は光は感じても形は全く見えてないだろうとのこと。

若いし、原因となる緑内障や糖尿病や外傷の症状は全くないので、原因不明。

白内障は治らないし、、、。

ダヴィはいずれと思ってたけど、マロンちゃんはまだ若いから想像もしてなかった。

でも、先生も言ってたけど、スマホも読書もしないし、実際片目で不自由なく暮らしてるもんね。
b0086939_22461660.jpg

こんなで寝てるし。

嫌なのは、目薬よね。

目薬は万が一の炎症の可能性の為のもの。
一週間はがんばろー。





そういや、私も風邪がなかなか治らなくて、とても体調の悪い日々を過ごしてましたー。
ようやく今日から復活してきたところ。

ダヴィはお天気回復して、散歩に張り切る!

出かける予定があったので、朝はほどほどにしてもらいました。
b0086939_22461761.jpg


桜は散っちゃったけど、色々お花が咲いてるね。
b0086939_22461751.jpg


体調不良で大きな公園へお花見にも行けなかったけど、またのんびり散歩に行こうね。














[PR]
by inunodavinti | 2016-04-08 22:04 | 病気&病院 | Comments(0)

一か月経ち、再受診。

b0086939_12465088.jpg

朝ごはん抜きで動物病院へ。

お利口に私の前でお座りしています。


b0086939_12465011.jpg

でも帰りたい。

b0086939_12465080.jpg

オシッコの検査に時間がかかるから、待ち草臥れて寝る。ちゃんとマットの上でね。

この後、外を柴犬が散歩で通りかかると、番犬となってワンワンと吠えてました。




さて、今日は院長先生の診察。

オシッコには潜血も結晶も検出されなかったとのこと。
レントゲンも撮らなくていいことになりました。

このまま療法食を続けて、二週間後にもう一度オシッコの検査です。

シュウ酸カルシウム結晶ができるのは体質によるとのことなので、このまま問題が出ないようにうまく付き合っていければいいなー。

ダヴィは変わらず、食欲ありで元気いっぱいです。

[PR]
by inunodavinti | 2016-02-22 12:28 | 病気&病院 | Comments(0)

シュウ酸カルシウム結石

b0086939_11240701.jpg
大きな公園で野良猫さんとダヴィ。

ちょっと前から、時々ダヴィのおしっこの最後に薄赤いのが滲んでる気がし、炎症起こしてるのかなと気になりましたが、元気、食欲もあるし、オシッコは出てるし、トイレも近くないしと様子見。

しかーし、先日ダヴィが庭でしたオシッコの色がピンクっぽいのでやはり病院に行くことに。

紙コップと割り箸で作った自作の採尿器で朝散歩で無事おしっこをとってペットボトルへ。
色はきれい、もう炎症は治まったのかな?どうしようかな?と思ったけどやはり病院へ。

見た目でわからないくらいで程度は低いが潜血あり。
PHは特に問題なし。

オシッコを遠心分離して、顕微鏡で見るので10分ほど先生と話しながら待つ。他のお客さんいなかったから診察室にいるままで。

膀胱炎やその他悪くすると膀胱がんの可能性もあるとか、膀胱がんだと非常に予後が悪いとか、私も最近ネットで見たワンコの話を思い出しながら、先生と話して待つ時間は長かった。


顕微鏡で見た結果、シュウ酸カルシウム結石でした。私も顕微鏡を覗きましたが、キラキラの綺麗な結晶がチラホラ。

おそらく小さな結石で膀胱が傷つき、微量の出血をしてるよう。
この日は抗生剤とステロイドの注射をしました。
抗生剤は一週間分の飲み薬も。
ステロイドは、たくさん水を飲んで尿から結石が排出されるために一時的なもの。

シュウ酸カルシウム結石は、ストラバイト結石と違って一度出来るとPHを調整しても溶けません。

尿路結石から水腎症を起こして命に関わることになるといけないので、結石を作らないためにこれからは療法食を食べることになります。早速ネットでドライと缶詰を注文しました。

一か月後にもう一度尿検査。
そしてご飯抜きで行って、レントゲン撮影を。
この日はご飯食べてたから、うまく写らない可能性があるとのことで。

大きな結石が無くて、血尿も止まるといいけどなー。

b0086939_11240820.jpg



水をたくさん飲んで出す必要もあるし、オシッコ我慢も良くないので、これからはマメにトイレに連れ出してあげないと。

家族に協力をお願いしました。

最近は、ご飯の後にオヤツ、お代わりのオヤツ、庭オシッコに出たらオヤツ、などなどダヴィも落ち着かなかったので、実はオヤツ無しはかえっていいかも。

かなり訴えられるかと思った食後のオヤツも、トイレ散歩に連れ出したら、拍子抜けするほどあっさりもういいみたい。

そうねー、ダヴィは昔から食い気より散歩だもんね。
何かと我慢させたイライラがオヤツにいってただけかもねー。オヤツで誤魔化すという手段がとれなくなった訳で、慣れないといけないのは人間の方かも。







[PR]
by inunodavinti | 2016-01-22 10:11 | 病気&病院 | Comments(2)


お膝に乗ってきてぐ〜ぐ〜言ってるマロンちゃん。
b0086939_10531540.jpg


私のパーカーの紐を噛み噛みするマロンちゃん。
b0086939_10531652.jpg




こないだ数年ぶりに病院へ行ってきました。

ワクチンも数年ぶり。

ケージに入れるときに縁に足を掛けてささやかな抵抗をし、運ばれるときも低い声でにゃーにゃー文句を言ってましたが、車の中ではわりと静か。

診察台でケージから出すのにもちょっとだけ抵抗しましたが、噛み付くでもひっ掻くわけでなく、一緒にケージに入れてあった毛布にしがみ付くだけ。笑

若先生に触診されてる間もじーっとしてました。

体重は4.1キロ。

お腹は脂肪でたぷたぷだけど、特におデブではないです。笑

目ヤニがちょっとと、顎の下のにも黒ニキビが気になるけどどっちも軽症。

マロンちゃんも健康ということで一安心。

ただ、最近お出かけするマロンちゃんなので、ワクチンを3種から5種に変えて欲しいと伝えると、5種ワクチンは副作用に比して効果が絶対ではないとのことで在庫を置いてなく、取り寄せで対応となるとのこと。

結局、3種ワクチンを接種しました。

お外遊びはより気をつけないとね。

ところで、先生の触診が終わって、注射までの間に診察台から首を伸ばしてウロウロして、周りを窺っていたマロンちゃん。

若先生に、「大人しいけどすごくビビりでもなく周りを見られるし、穏和な性格なんでしょうね。」と言われました。



ダヴィは散歩で猫の気配を感じて、こんなことに。
b0086939_10531787.jpg


そこに居るの?
見えないけどねー。
b0086939_10531759.jpg






[PR]
by inunodavinti | 2015-12-13 09:58 | 病気&病院 | Comments(0)

いぼ?

ダヴィさんの右耳下5〜7cmくらいのところにいぼのようなもの発見。

こないだの通院の前だったら一緒に診てもらえたのにー。

また今度行こうね。

さて、獣医さんから電話があって、血液検査は、フィラリア陰性、コレステロールも正常値だとのことでした!

良かった良かった。

カロリー制限とダヴィの満足度を両立させる為、最近は簡単手作り食とドライフードを半々くらいにしてるのが良かったかな?



ところで昨日は暑かったー!
b0086939_1141171.jpg
朝の散歩でもうこの日差し。

こんな日に限って道路沿いを歩くんだって。(紫陽花が咲き始めてるね。)
b0086939_114118.jpg
時間も7時ちょっと前でちょうど通勤通学の人や自転車が多かった。

しかも車道の端に黒いものが落ちてて、何か嫌な予感。

でも、あ!ゴミ袋かな?良かったと思ったのにー。

はっ!カラスの亡骸?

直視できないし思わず避けたからよく見てないけど。
もう一度通る勇気もないし。

しばらくドキドキ。

ちなみにダヴィさんは完全無視でした。
というか気付いてないかも。
前に大きいネズミの死体があったときもスルーして、次に通ったときに初めて気付いたらしく、もう片付けられ死体がない場所の匂いをずーっと嗅いでました。







散歩開始時間も難しいのよ。

4月から息子2が朝練に行くようになり、その上出かける時間が早まって、6:15には弁当を持って出かける。

私はギリギリまで寝て、5:30起床。

これが平日は毎日。

息子2が出かけた後に散歩に行くと、通勤や散歩ラッシュ時でご近所苦手男性と苦手ワンコ遭遇率が高い。

今まではご飯を先にして、庭トイレを使い、私が仕事に出る前くらいに散歩だと人も犬も少なくて良かったんだけど、これからは暑くなるんだよね。

大きな公園へ行くか、近所なら私が4時半くらいに起きて先に散歩。

まずは早く寝ないとね。




今朝は早めに大きな公園へ朝散歩。

狭い範囲内で満足したのか、いつもより短い一時間弱で帰宅。

ご飯も済んで時間も経ってるし、庭でトイレもとりあえず済んでるし、あんまり待たせなかったし、公園では落ち着いてクンクン散歩。
b0086939_1141297.jpg
この猫さんはダヴィが横を通ってもこのまま。
ダヴィはお利口に遠慮しながら通ってました。

それなのに!
通りがかった知り合いの女性は、(猫嫌いなのか、好きでふざけたのか判然としませんが)鳩に走り寄る幼児のようにわざと猫に走り寄って追い払ってしまいました。
猫さんビビってたー。

その後私に挨拶なのか笑顔を向けてきたけど、私はニコリともせず会釈のみで通り過ぎたわー。
心優しい人だと思ってたけど、あの人の印象変わったわー。
[PR]
by inunodavinti | 2015-05-28 10:41 | 病気&病院 | Comments(0)

散歩徒然。

昨夜というか、今朝の明け方、
雨の音で目覚める。

窓を開けて寝てたので、
慌てて家中の窓を閉めて歩く。

ぎゃー、一番風が吹き込む窓の下は水たまりだー!
タオルを階下に取りにいって、拭いて、もう一度寝る。

雷がゴロゴロ、バリバリ落ちててすごい音!ちちも息子たちも目が覚めたらしい。(でも誰も起きないんだよね、まったく。)

しかし、ダヴィさんは私がバタバタしてる間もずーっと私の布団で寝て、目は覚めてたかもしれないけど、動きませんでした。

相変わらず雷は平気ね。
マロンちゃんも平気みたい。
どこにいたかよく見なかったけど、ダヴィと同じで出てこなかった。

苦手じゃなくて、よかったよかった。

でも、外暮らしのこたちはどうしてるかな。こんなときは辛いよねとちょっと心配になりながら寝たのでした。





そんな雷雨の前の出来事。

駐車中の車の下に猫さん発見!
b0086939_22101880.jpg


三毛猫さんですね。
b0086939_22101934.jpg


変な位置にいるなーと思ったら、多分ですが理由が判明。
b0086939_22101946.jpg
黒猫のオスがしつこく迫ってきてました。
だから狭ーいところに身を寄せてたんだね。避妊去勢してない野良さんはいろいろ大変だね。(>_<)


可愛く撮れたダヴィさん三連発。
b0086939_22102028.jpg

ダヴィは猫さん発見したからオヤツ下さいと言ってます。ないからあげなかったけどね。
b0086939_22102015.jpg

腰の辺りでスマホを構えて撮ったので、私を見つめてるダヴィさんの自然な表情が撮れました。
b0086939_22102160.jpg



おうちではマロンちゃんの寝姿三連発。
b0086939_22102287.jpg

座卓の下がちょっと暗くていいみたい。
b0086939_22102429.jpg

リラックスしきってないうたた寝のときにこんな姿勢をしてるみたい。
b0086939_22102451.jpg
熟睡はベッドに行きます。


血液検査のリベンジで朝ご飯抜きで大きな公園へ。
b0086939_22102579.jpg


病院が開くまでお散歩しました。
b0086939_22102661.jpg


雨上がりだったからか、時間のせいか、ほとんど他の犬に会わなかったね。

公園を後に病院へ。
もう、病院ってわかるから、車からも自分からは降りないので、抱っこ。

全然歩かないから、また抱っこ。

この駐車場からの100mくらいでも重い。やっぱり50mが限界で、一度下ろして休憩。

病院のドアの前まで来れば、何故か自分から入って行くダヴィさん。

診察室へも自分で歩く。

診察台に乗せると下ばかり見て自分で降りたそう。看護士さんに降りちゃダメよーと言われてた。笑

体重19.2kg。朝ご飯抜きでオシッコウンチ済みなのにな。

前足からの採血の間も微動だにしなかったって、看護士さんに褒められてました。

私がダヴィを保定してたので大人しくじっとしてるのは分かったけど、前足を触られるのは大嫌いだから、足だけもぞもぞしてるかなと思ったら、ホントにじーっとしてたんだって。

はぁはぁパンティングすることもなかったし、こないだより落ち着いてたね。

こないだは先生に触診されたり、白内障チェックで目を診られたりしたけど、今回は私がずっと保定できたからかな。

今後、何かの処置や手術があるときも出来るだけ一緒にいて、私に保定させてもらおうっと。
麻酔効くまでとか覚めるときとかもね。

血液検査の結果はお安い外注なので、また後日。電話で聞きます。
[PR]
by inunodavinti | 2015-05-21 21:18 | 病気&病院 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30