2017年 01月 11日 ( 1 )

再び、左を向けない。



三連休最終日。

ダヴィは朝はいつもより早めに起きて、私の枕元で目力で?起こす作戦。

仕方なく早起きした私と一緒に、いつものように階段を降りて、ご飯も食べたし、トイレも行ったし、このときはひどくなかったと思うんだよねー。

休みだったので散歩の前に二度寝する私に付き合って、また布団に潜るダヴィ。

その後に起きたら、また、左を向けないよーピーピーになってました。(>_<)

でも階段は降りられるし、散歩も行くから、今回も軽症。

でも、コタツに潜っても収まりがつかないみたいで、ぐるぐる位置を変えて、結局出てくるの繰り返しで、全然ゆっくり横になって寝られない状況。

最近、病院通いが続いたせいか、車に乗るのを避けることが多く、大きな公園にあまり行けないこともあり、なるべく病院は行きたくないので、このときも様子見。

でも午後になり、やっぱりこの調子だと私も夜寝られないかも!
痛み止め打ちに行こうかと思ったときには、ちちが車で出かけてた!

しようがなく、病院は諦めて、夕方散歩へ。
散歩は少し右向きのまま歩くし、ゆっくりだけど、その分落ち着いていて、距離も普通。いつもよりリラックス散歩になりました。


夕飯も完食し、夜にはコタツで横倒しで寝られるようになってましたー!

なんだー、痛み止め無くても大丈夫だったね。

夜オシッコも済ませ、布団でも寝られて良かった良かった。




しかし、翌未明まだ暗いうちに、枕元で左を向けないポーズでピーピー。
このピーピーも私にしか聞こえないくらいの絶妙な超音波音です。

うんうん、寝違えも朝起きる時が一番痛いもんねー。

もう一回布団に入れても、やっぱりすぐ出て、何度か繰り返して、そのうち階段を降りて行きました。

タイマーかけておいたコタツに入って寝てたらしく、私が起きたら、痛みは無くなったようで、元気に顔を出して、ご飯散歩も一日中いつも通り。




で、また翌未明の今朝、また枕元で同じ姿勢でピーピー。

今回は、布団にもう一度入れば?と誘うと、すんなり丸くなり、起床時間までそのまま。

起きたときにはもう痛くないって。




どうか明日の朝は起こされませんように。

とっても寝不足です。


少し興奮してマロンに執着するダヴィ。
b0086939_18385963.jpg
時々あって、マロンに嫌がられてます。
動画はこちら








[PR]
by inunodavinti | 2017-01-11 21:50 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31