帰省そのに

帰省時の写真の前に、今朝の出来事。




日曜でしかも子どももお泊りに出かけて私一人だというのに
朝、いつもどおりに目が覚めたので、ダヴィの散歩に行った帰り。

うちのすぐ近くの公園に、リードをぶら下げたMダックスがいて、
ダヴィを見てワンワン吠えてきた。

「小型犬だからって、放さないでよね」と思いながら通り過ぎようとしたが、
公園内には、酔っ払いのような違うような男の人が花壇にもたれかかって寝ているだけ。
日光浴中?と思ってると、ダヴィにワンワン言ってたその犬は、ダヴィに向かって吠えてても、
ダヴィが怖いらしく公園から出てワンワン吠えながら歩いていってしまった。

あれ~?と思って、もしかしたら男の人は具合が悪いのかもと
引き返して、声をかけてみる。
何度か声をかけて、ようやく目が覚めたらしく返答があった。
大丈夫ですか?といったら、大丈夫、大丈夫って。
やっぱり酔っ払いみたい。こんなところに・・。
犬はあなたのじゃないんですか?っていうと、犬は違うって。

今度はあわてて犬の行った方を追いかけるが、すでに声は聞こえない。
姿も見えなくなってた。

ちゃんとおうちに帰っていったのかな?
Mダックスは多いから、わからないけど、知ってるワンちゃんではなかった。
首輪もリードも付けてたから、犬連れでなければ捕まえておうちがわかったかも。
無事におうちに帰ってることを祈ります。

ダヴィは結構警戒心が強いから、迷子になったら、よその人になかなか捕まらないかも。
そしたら、迷子札も威力を発揮しないし、
やっぱり、逃がさないのが肝心だと思わされた出来事でした。






さてさて、帰省の写真の続き・・・


b0086939_1143235.jpg
行った当初はにわか雨多かった。雨上がりにはきれいな虹が見えたよ。



b0086939_1153394.jpg
夜のおしっこ散歩のときに、なぜか、公園の砂地(砂場じゃないよ)でばったり倒れこむダヴィ。

b0086939_1162260.jpg
悪魔のような笑顔がちょっと怖い・・。

b0086939_1164732.jpg
涼しかったのか?しばらくへばりついて離れませんでした。





そして、お友達第二弾は、ボーダーコリーのジャッキー君。義実家でのお散歩でもボーダーコリーの子にあったけど、このジャッキー君はうちの実家近くで会った子。ダヴィと同じ年の子。ダヴィはしきりに遊ぼうよと誘ってましたが、プロレスまでには至らなかった。
b0086939_1172862.jpg


うちの近所はさすがに横浜より雑種率が高いけど、でもボーダーコリーも見かけるようになったんだなぁと感心しちゃった。どっちの子も性格よさそうでかわいかった。憧れの犬種だわ。
b0086939_11113340.jpg

[PR]
by inunodavinti | 2007-08-26 11:15 | お泊まり | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30