伊豆キャンプ

昨日まで、初の二泊三日のキャンプに行ってきた。
やっぱり、中日はゆっくりできたなー。
お天気も最高だったし、(ちちとお互いに自分の人徳だと言い合ってたけど。)
なかなかのキャンプでした。

初日、朝から晴れていたが、前の日までの雨のせいで地面はよくないだろうと、
ちょっとぐずぐずしてしまい、9時半出発。
ダヴィは荷積みを見てて、予測していたのか、
あまり抵抗せずバリケンの中ですぐ伏せた。よしよしそうすれば吐かないね。
と思ったら、家のすぐ近くの高速の入り口から渋滞。うっそー。
結局、東名に乗るまでに一時間半くらいかかった。いつもは15分なのに。
その後は心配した渋滞も全然なく、あの渋滞は何だったのかって感じ。
伊豆は渋滞回避の為、有料道路使いまくったけど、くねくねカーブ道ばかりで、
頑張ってたダヴィもとうとう2ゲロ。時間もかかったし、大変だったね。

b0086939_16232049.jpg
やっとキャンプ場に到着。今回は伊豆自然村キャンプフィールド。
水はけがあまりよくないらしく、使えないサイトもたくさんあったが、
何とか芝生?(実際は雑草地)にテントをたてる。混んでないので、サイトは広々。
その間ダヴィは休憩。
ドッグランがあるのにひかれて選んだのだが、
狭くて、隙間がある(ダヴィでも抜けられそうだった)ので、ほとんど使用されていない。
犬連れはかなり多く、お隣は黒ラブで、お向かいはビーグル、斜めに小型犬2匹。
他にも二泊の間にイエローラブとか、黒柴とかトイプー、ミニチュアダックス、たくさんいたのに。
ダヴィがドッグランで遊べたのは、一回だけ。
ウィペットとケアーンテリア?と追いかけっこした。
もちろんウィペットに追いつけるはずもなく。
(狭いので、ウィペットは全速力出してなかったけど。)
テリアに追い立てられて、尻尾さげたりしながらも、やっと走れて楽しそうだった。
(しかし今回も出会ったのは純血種のみで、雑種はダヴィだけ。
キャンプに犬と一緒に行くような人は、雑種を飼うという選択肢を知らないのか?
それともあえて選ばないのかな?そうゆう楽しいことを一緒にする人に
ぜひお家を探してる犬の飼い主になってほしいなと思うのに。)

b0086939_1623514.jpg

中日はちちたちは網代の朝市に行くと出かけたが、ダヴィと私は留守番。
まったり本を読んだりして過ごした。
網代の朝市は行ってみるとなかったらしいけど(しっかり調べないから)、
浜辺で遊んで、干物を買ってきたからまあ楽しかったらしい。

b0086939_16241089.jpg

場内から徒歩二分の絹の滝に子どもとダヴィと行ってみた。
結構きれいで立派な滝。
冷たいのに、子どもは水着で滝登り。
b0086939_16243669.jpg
ダヴィも付いていきたいけど、水に入りたくないと、ジレンマと戦っていた。
子ども達が戻って近づいてくると、イライラをぶつけてがぶがぶしてた。(笑)
b0086939_1633579.jpg

器用に岩の上に上ったりしていたが、最後のほうで、ぼちゃんと落ちてからは
開き直って、ざぶざぶと川を渡って、子どもを追いかけていた。
林の中は、水に入ってない私でも寒いくらいなので、水遊びは少しだけ。
b0086939_16251110.jpg


しかし、夏なら格好の水遊び場所だろうな。
釣堀も隣にあって、内容は悪くないのに、やる気の感じられないキャンプ場だった。
(初日に2匹イワナをつった。私が生きてる!のをさばいて塩焼きにした。
出来るけど、生きてるのはちょっと嫌。ちちは出来ないっていうからいつも私よ。)
もっと、手入れすればリピーターも多いキャンプ場になりそうなのになー。
ドッグランも広く出来そうだし、もっと整理整頓するとかさ。
b0086939_16253273.jpg



お風呂は場内になかったので、車で5分の温泉に。
ダヴィも乗せて、車内でバリケンで留守番。
不安そうだったけど、30分くらいだから何とかなった。

二日目の夕飯はいつもBBQだからと、パエリアに挑戦。
サフランが高かったので、ウコンとパプリカで代用したが、
結構おいしくできた。簡単だし、いいかも。
b0086939_16255273.jpg



最終日も渋滞を避ける為、いつものごとくチェックアウトしたらどこも寄らずに
まっすぐ帰宅。おかげで2時には家に着いた。
道具も全部片付けて、ついでに、ダヴィもシャンプー。
ダニとかついてたら大変だしね。ダヴィは嫌がってたけど。
b0086939_16265065.jpg


すっかりお疲れのダヴィは、夜出かけても寝ていたらしくいたずらもなし。
キャンプ場はいまいちだったけど、キャンプは楽しかった。
また行こうっと。今度は寒さ対策のスクリーンタープをゲットしてからだ。
金曜に安売りになってたあれ買おうっと。
今度はダヴィも走れるところに行くからね。



ところで、釣堀に野良犬がいた。人懐こくて、ダヴィにも愛想が良い。
お尻と尻尾の毛が抜けていたから、皮膚が悪いのかなー。
がりがりではなかったけど、お腹は空いてるようで、
子どもが釣った魚を持って逃げようとしてた。
釣堀のおじさんいわく、「誰かが捨てていった野良犬♀で、かわいそうでちょっと
餌をやったら居着いてる」そう。キャンプ場のバンガローにも近いので、
小型犬をつれたお客さんが管理人に文句を言っていた。
いつも犬の保護ブログを見ているのに、
何だか今後が不安だけど、結局何もせず帰ってきた私です。
犬を捨てるなー!生きてるんだぞー。
[PR]
Commented by 雑種を飼ってるが at 2007-10-10 15:10 x
「雑種を飼うという選択肢を知らないのか?」とか偉そうな事言って、自分は何もしないで帰ってきたのかよ。お前、サイテーだな。
Commented by inunodavinti at 2007-10-10 21:53
そう、サイテーかもしれません。もう一匹うちで飼うことになるかもしれないと思うと躊躇なく保護することはできませんでした。おじさんが餌をあげてるしなど理由を見つけて、結局見て見ぬふりをしてしまいました。
「雑種を飼うと・・・・」のくだりは、「ペットショップでしか犬を手に入れられないと思ってた」という知人がいたので、そのような意味だったのですが、不快に感じられたようで申し訳ありません。
by inunodavinti | 2006-10-10 16:15 | お泊まり | Comments(2)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31