狼爪はとれる&歌舞伎座 六月夜の部



部屋でこんなのが落ちてるのを見つけました。
b0086939_10124909.jpg

ダヴィの爪。

尖ってるから、前足の狼爪です。

爪ごと抜けたように見えますが、古い部分がすぽっと外れただけで、ちゃんと新しい爪が生えてます。

ダヴィの爪は歩いてるだけですり減るので切る必要が無いのですが、狼爪は地面につかないので尖っています。昔は切っていましたが、ダヴィは脚を触られるのは嫌なので今は何にもしていません。我慢させれば切れるけど、切らなくてもこんな風に爪はひとりでに短くなるもんね。

必要と思ってやっていたことでも、実はやらなくていいことってたくさんあります。

我慢できるからと色々やってると、イイコな程、バカにならないストレスを我慢してるんです。

ダヴィが気が楽に過ごせるように、小さなストレスを減らしていこう。


さて、久しぶりに大きな公園へ。紫陽花もたくさん見頃に。
b0086939_10125072.jpg



ちょっと寝坊してしかもこの日はもう日が強かったので車で大きな公園に。
朝七時頃に着いたら、犬がたくさんいた。

まだ散歩ラッシュなんだ。
大きな公園の朝散歩は早くてももう30分遅らせよう。

足蹴りマーキングの後、遠くを凝視!
b0086939_10125109.jpg


広場の向こうの草むらにしゃがんでる人がいた。
b0086939_10125219.jpg


この後、警戒を緩め、散歩再開。
b0086939_10125230.jpg


一時間を過ぎてまだ散歩するという頃に、逃げて木に登った猫を追いかけ、ヒャンヒャン言ったので、撤収〜と相成りました。

まぁそれ以外はゆっくり散歩だったし、帰ってご飯食べて即寝してるので、興奮し過ぎず良かったね。





さて、歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部。

この日のお席。
b0086939_10125310.jpg

二階正面2列。

ダヴィの夕方散歩とご飯を済ませて出かけたので、最初の演目、鎌倉三代記 絹川村閑居場は間に合わず、
御所五郎蔵から。

両花道に、仁左衛門と左團次が子分を引き連れ、台詞を掛け合う。どっちも見たくて困るー。
仁左衛門はいつものようにかっこよく、左團次が見せ場が多くて嬉しい。
米吉がいい役で相変わらず綺麗で可愛い。


一本刀土俵入は、猿之助のお蔦が良い!
お話も初めて見たけど、とても気に入った!
新歌舞伎でも人気で再演が多いのもわかるなー。
幸四郎の茂兵衛も良かった。松緑が良いダメンズを演じててちょっとホッとした。笑
右近ちゃん、やはり上手い子役だ。







[PR]
by inunodavinti | 2017-06-23 09:33 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31