気の毒なラブさん、ペットショップ開店&ダヴィ左を向けない。



お休みだったので、買い物で近所のドラッグストアへ。

帰りに駐車場から出る車の中から、お散歩中のチョコラブを見かけた。

男性に首輪で引っ張られて歩いていた。

前足を庇って歩いているのか、一歩毎に頭を上下しないと歩けないみたい。
男性について行く為一生懸命歩いていたけど、男性は犬の前を歩いていて、遅れそうになると全く振り返ることなくそのまま首輪で引っ張って進む。

文句も言わず、痛みを堪えて一生懸命ついて行く我慢強いすごくいい子なのに、本当に気の毒だった。

痛い所がありそうだから、犬のペースで歩いてあげたらいいのにな。人間は後ろからついて行くのが一番。

ラブとかは、若い頃から人のペースで歩く訓練に付き合ってくれる良い子が多い。そういう暮らしをずっとしてると、犬の具合が変わっても、人間は変われないのかなー。



そういえば、そのドラッグストアの並びに、大型ペットショップがオープンしていた!
近所の犬飼いさんに聞いて知ってたが、行かないもんね。

マロンちゃんのカリカリが届くのが遅れているので、とりあえずのカリカリを買いたかったんだけど、ドラッグストアで買いました。

犬猫などの対面販売もあるお店にはお金を落とさないようにしよう。







それから、今朝からまたダヴィが左を向けない状態。

でも今回も食欲散歩は普通通りで、前回よりさらに軽症。早く良くなるといいねー。

午前中は、落ち着けないよーとピーピー言うので息子2が大変だと文句を言っていた。寝違えだと思ってて、何度も繰り返すので、可哀想感が薄れてきたらしい。

首輪のせいかもしれないしと話したけど、こうやって、愛犬の辛い状態に鈍感になっていくのかも。

ようやく落ち着いたダヴィ。でも痛いようの顔になってるね。(痛いようの顔は、こんな風に耳が横に広がる。)
b0086939_13544140.jpg
でもこの後起きようとしてヒンと鳴いてました。









[PR]
by inunodavinti | 2017-03-10 08:41 | 病気&病院 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30