カンピロバクターその後のその後&チワワに襲われる



こないだの記事の後、ダヴィンチのカンピロバクター食中毒が良くなったと思ってたら、水をたくさん飲んだ後に吐くことが二日続きました。
その間一度だけ服薬を忘れちゃってたのです。
病院に電話で相談し、吐いたこと以外は元気なので、念のため抗生剤を一週間伸ばすことにして、薬だけ取りに行きました。

私は仕事で行けず、息子1にダヴィの様子をメモにして渡して病院に行ってもらったら、抗生剤の他に制吐剤も加わっていました。

メモを見て、吐き気止めも入れときますねと言われたそう。

私が行ってたら、制吐剤は無くてもいいんじゃないかと話せたのになー。

あの後吐き気で苦しんでいる風は全くないし、吐いてないので、今のところ制吐剤は飲ませていません。

薬返したいなー、無理だろうなー。





ところで、こないだの夕方散歩で貸切公園に行ったら、時々見かけるおじいさんがチワワを公園内で放していました。

ダヴィンチにもよく吠えるこです。
ダヴィがこのまま公園に入るつもりなら、止めようと思っていました。

ダヴィンチは公園に降りる階段の上で止まって、じーっと見ていると、おじいさんがチワワを抱っこしてベンチでリードをつけ始めたので、ダヴィンチも公園に入り、匂い嗅ぎをしていました。

後で思い返すと、首輪を回して留めるような動きをおじいさんがしていたので、リードを外していたのでなく、首輪かハーネスごと外していたようです。

すると、ベンチから一番離れた公園の一角にいた私たちのところに、急にワンワン吠えながらそのチワワがダッシュしてきました!
おじいさんの手元から逃げたのです。

おじいさんは追いつく訳もなく、あっという間にチワワは側に来てダヴィにガウガウ飛びかかってきました。

吠えられるだけなら無視するダヴィンチもさすがにガウガウ。

ただこの体格差なので、ダヴィンチを加害者にしたくなかった私はリードで固定して後ろに下がるようにしダヴィンチには不利な体勢。

ようやく追いついてきたおじいさんがリードを付け、チワワに「こら!」とか軽く怒ってみせてました。
あんたがコラ!でしょと思いつつ、「危ない目にあうのはチワワの方ですよ」くらいしか言えなかったなー。

繋がれたチワワは吠えやみ、そうなればダヴィンチは興奮は全く引きずらず。その後の散歩にも特に影響はみられませんでした。

ただ前回の黒ラブと同じ場所で同様なことになり、嫌な関連付けにならないといいけどな。




b0086939_14180474.jpg

別の日の散歩で。
可愛い顔をしていたのでカメラを出したらムッとされたところを、腰の辺りにカメラを持って撮りました。








[PR]
by inunodavinti | 2017-02-12 13:39 | 病気&病院 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31