留守番が得意?




朝晩は冷え込むようになりました。

週末は、ちちが、珍しく家にいた息子たちを手下にして、ウッドデッキ掃除をしていました。

高圧水流とデッキブラシで洗って、デッキや窓や網戸が綺麗になって、すっきり!

年末の大掃除も楽ちんだね。


ところで、こないだ敷物を敷いたばかりなのに、今日は掃除ついでにコタツ布団も出しちゃいました。

家でじっとしてると寒いくらいだから、まぁいいか。

電源は最初だけですぐ切りましたが、ダヴィはもうコタツの中で熟睡中です。

暗いし、音も少し遮断されて、暖かいし、寝るにはぴったりなんだね。


今朝は大きな公園にお散歩に行ったから、満足だしねー。

大きな公園は、秋模様に。
b0086939_12240103.jpg
桜は紅葉🍁が早いよね。
もうほとんど落ちてる。
b0086939_12240222.jpg


イチョウとかモミジはまだまだだけどね。
b0086939_12240391.jpg
時々晴れると日向はポカポカ。

青空の青が濃くて秋っぽい。
b0086939_12240457.jpg


誰かワンコが来てて、注目してるダヴィ。
b0086939_12240561.jpg



一周した後、もう一度広場に戻り、知り合いワンコと何匹か会って、しばらくマッタリして、ようやく駐車場に向かいました。



さて、本題。
ダヴィは留守番が得意だと思ってました。

留守番しても、イタズラは全く無いし、吠えも無いし、粗相も無いし。

長時間の留守番や、夜間の留守番だと遠吠えすることが時々あって、お帰りの興奮大歓迎はあるけど、そのときだけだし、問題は無いと思ってました。

確かに私たちにとっては問題は無い。

でも、ダヴィにとっては?


ダヴィの様子を良く見て、ダヴィの気持ちを推し量るようになると、あることに気づきました。

私の仕事が忙しい月の前半はダヴィが落ち着かないなーと。

特に今月前半は少ない私の休みの日も出かけることが多く、ダヴィは毎日わりと長めの留守番。

その頃の散歩は、ダヴィがスルー出来ないことがあり、私もイライラして、リラックス散歩でなくなったり、オヤツへの執着が少し強くなったり。

ようやく私が連休になり、留守番のなかったお休み2日目、いつもより短めな時間と距離を散歩し、帰ってマッタリ寝てました。

早番の仕事の日は、私が帰ってきても、
あれ?もう帰ってきたのー?とばかりに、寝起きで玄関にノソノソ出てくるのみ。

でも遅番の日は、
待ってたよー!と玄関で喜んでお出迎え。

この待ってたよー!がクセ者なんだな。

見通しも効かず、ジリジリ焦れて待って、不安とイライラが募ってるんだもんね。

こんな毎日が続けば興奮もするよね。



来月は一年で一番忙しい月。
私の出勤日数も最大。

何とかダヴィの負担がなるべく小さくなるように工夫せねば!

小さなことからコツコツと。
ダヴィの生活の質の向上を目指します。







[PR]
by inunodavinti | 2016-10-25 12:07 | しつけ | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31