慎重なダヴィンチ



先日お散歩に出てすぐに隼人と隼人父と遭遇。

その後ずーっと隼人とお散歩をしたダヴィンチ。

公園でいつもおやつをおねだりするオジさん(結石のことを伝えたら、オヤツはあげられないもんなーと最近言ってくれる。でもダヴィはまだもしかしてと一応確認。)だけいたけど、隼人が一緒なので、おねだりも長居せずお散歩続行。
隼人効果だ、ラッキー。

隼人の後にかけションをしつつ歩き、曲がり角では、こっちに行かないかな?と隼人を待つも、隼人は今日はこっちと迷いがない。
じゃあオレもとついて行くダヴィ。

隼人父のことも好きだもんね。
ダヴィが気を許す数少ないうちの一人。

そういえば、隼人父にもダヴィンチへのオヤツのこと配慮してもらい、有り難い限りです。
隼人もいつもよりもらえなかったかもね。ゴメンね。
隼人がもらってるとダヴィもおねだりするけど、公園でと違ってオヤツのためにひたすら我慢でなく、隼人と一緒にお散歩の方が重要みたいで執着もないので安心です。



さて、隼人と一緒にいつもはほぼ行かない道を来たダヴィンチ。

進行方向に苦手なワンコがいる道に。

曲がり角で立ち止まる隼人とダヴィ。

向こうの飼い主さんが気を遣ってくれて、ワンコと門の中へ。

隼人はそれでその道を通って行きました。

ダヴィンチはそれでも行けない。
でも隼人が行っちゃったから、別の道に行く?との提案にも乗らないで困った様子。

散々躊躇して、行きつ戻りつして、ようやく前にも一度通った裏の路地を通って、ワンコのいる門を迂回し、隼人の後を追いました。


そうしたら、もうとっくの昔に行っちゃったかと思ってた隼人が待ってたよ!
心配してくれてありがとうねー。
ダヴィが追いつくのを待って、散歩再開。

隼人父にダヴィは慎重だなーと言われました。

そう、ダヴィは警戒心が強く、特に対苦手ワンコのときは慎重なんです。

昔から新しい場所とか大体のワンコには物怖じしないので、私も最近まで全然そのことを知らなかったと、隼人父に言われて気づきました。





ダヴィンチのペースで散歩して初めてわかりました。
ダヴィが苦手なワンコに対して安心できる距離はこんなに遠いんだ!と。
そこから自分で考えて、何とか対処するのにも、こんなに時間がかかるんだ!と。

昔、このことに気づいて、苦手なワンコにもこの日の様に対応していたら、今いる天敵ワンコも天敵じゃなかっただろうなーと。

ダヴィのペースでなく、私のペースで近づいたり通り過ぎたりしたから吠えて、それをキツく叱られて益々苦手になっていくという悪循環が、だだの苦手ワンコを天敵にしたんだな。

人間がどうしたらいいかは犬に聞けば間違いはないって、本当だ。



おまけ、何故か手を挙げて寝るマロン。
b0086939_21590277.jpg








[PR]
by inunodavinti | 2016-09-28 20:40 | しつけ | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31