マロンのお仕事


本日は、黒くてテカる6本足の夏のアイツを例え小さくても見たくないという方は、映像にご注意下さい。
(もちろんアップなんかは載せませんよ!)






マロンが上を見ている。

襖上方にアイツを視認しました!

なかなか動かないのをマロンはじーっと待ってますが、待ちきれなくなった私が下に落とそうとしたら、

あっ!襖の合わせ目から押入れに逃げ込んだ!

襖を開けたら奥に入って、全然見えません。

人間だけなら、ここで諦めるか、殺虫スプレーを押入れにたっぷりかけるかするのですが、うちには追尾機能つきの優秀なハンターがいますので、任せます。

押入れには食べ物などなーんにもないからいられないだろうけど、アイツが出て来やすいように居間の照明を消して、その間に私は台所仕事。

大して時間が経たないうちに、マロンがバタバタ活動してる音がしました!


台所仕事を終えて照明を点けると、
b0086939_23261681.jpg

そこには、既に半殺しにあったアイツの姿が、、、。
姉御、仕事が早いですね。
b0086939_07294199.jpg

しかし、動く間は、ずーっとハンターにいたぶられるのでした。

南ー無ー。


b0086939_07294129.jpg

いつもはこんな風に寝てて、無害そうなのにねー。
b0086939_07294212.jpg

何?あたちのこと?



マロンが弄び中、私が座椅子の下に隠れたアイツをマロンちゃんここにいるよ!とか言ってけしかけてたら、ダヴィはオレもオレもとマロンをワフッと威張って追い払って来ましたが、匂いをすんすん嗅ぐだけで、ハンターとしての働きは無し。
まぁ、力加減が出来ないから、潰されても困るしいいんだけどね。


これは、雨の合間のお散歩中隼人家前で、小腹が空いたからオヤツを貰いに行きましょうよと言うダヴィ。笑
b0086939_07294241.jpg

いや、ダイエット中だし、行かないよ!
b0086939_07294397.jpg

えー、そんなー。と、名残惜しいダヴィ。
b0086939_07294356.jpg

この日は結構しつこかったな。








[PR]
by inunodavinti | 2015-07-08 23:23 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30