大雪とマロンの遊び

大雪でしたね。

私は8日も9日も仕事だったので、
せっかくの大雪もダヴィと一緒にあまり楽しめず、
散歩もちょこっとだけ。

ダヴィは排泄の為雪の庭に出そうとすると、
外を覗いただけで出ずに振り向いてこたつに戻ってましたが、
同じ雪でも散歩には喜んでいくといって、
近所の公園を走ったり、
真っ白い新雪に黄色い印をつけたり(汗)してました!

写真もこれしかない。
9日朝の出勤のときの駅のホーム。
b0086939_9565584.jpg



このときはもう電車が動いてたからよかったけど、
8日の夜は電車が止まって大変だったな。

自宅が遠い人は早めに帰宅させてもらってたけど、
業務は定時までやるので、私も居残り。

終わって電車の運行が再開されてないかな~?と改札に行くも、
駅員さんにすげなく「今日の運行はもうありません!」と言われる。
そんな気はしたけどさ。相変わらず諦めの早い路線だ。

バス停に行くと、何本かある路線のうちもう運行終了してるのもある!

ここで、ちょっと焦ってきた!

違う路線のバス停に行くと、すごい行列。
あ~、これは厳しいと思ったら、
乗れる路線のバスが隣のがらがらのバス停に来た!
ラッキーと乗り込む。
しかも、経路を変更して、よりうちに近いバス停を通るらしい。
ますますラッキー!


しかし、ラッキーなのはここまで。

目的地三分の一くらいのところで、前方のスリップ事故(見えなかったけど)の為、
いつまでかかるかわからない停車。

もう、バスを降りて歩きましたよ。

有難いことに道は雪が踏み固められて歩きやすく、さくさく進む。

しかしこれも大きな道をそれ、途中のマンションを過ぎるまで。

その後は足跡なんか微かにしかない、膝まで積雪の道。

階段も段が見えないから、適当に登る。

極めつけはうちの門の前。雪が吹き溜まって腰くらいまであるよ。

家に帰りついて、一応ドアを開け、ただいまと言ってまた閉め、
門の前の雪かきをしました。

まだ雪が降ってたからちょっとだけね。

だって、翌朝また出勤の為、今度は段のない階段を降りなきゃいけないんだもん!
せめて、階段の手すりまでの道は・・と思ってね。

階段は登りより下りの方が心配だし、電車がまだ動かなかったらバスはどれかな?とか、
あれこれ準備を考えてなかなか寝付けない夜でした。
きっと、ちょっとした危機を迎えてアドレナリンがでてたんだな(笑

結局翌朝は結構雪も溶け、階段も何とか降りて、無事電車で出勤できました。

帰りは近所の方と、留守番のちちと息子1のおかげで、
雪かきされ、安全な道を通ることができました。

ちちによると、息子1は一緒に雪かきをしてた近所のお年寄りたちに、
「高校生?えらいね~。」とすっごい褒められてたんだって。
当たり前のことしてるだけなんだけどね。
こういう肉体労働のときには、若者は貴重だからね。
うちの辺りは若者が少ないし。
評判が上がっていいことだ。




さて、雪のベランダに出る?と言っても出なかったマロンちゃんは、うちでぬくぬく。

キャットタワーにしがみつくマロン。
b0086939_837182.jpg


なんでこんなにしがみついてるの?
b0086939_8372017.jpg


手がかわいい~。
b0086939_8372041.jpg


実はマロンの視線の先には息子2と猫じゃらし。
b0086939_8372192.jpg


どんな風に遊んでいるのかは、動画でどうぞ。

[PR]
by inunodavinti | 2014-02-10 08:36 | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31