2011富士すそのキャンプその2

ちょっと間があきましたが、キャンプの様子を・・。



翌日キャンプ二日目は、富士五合目へ。
b0086939_16584476.jpg





富士登山!
b0086939_16592099.jpg
もちろんそんなわけはなく、五合目から双子山~幕岩をめぐる山登りハイキングコースに行くのです。



b0086939_17305545.jpg
足元が溶岩の砕けた小石の砂で歩きにくいのです。

最初からかなりな登り。
ついでに天気がいいので黒い砂が温かくダヴィは暑い。
火傷しそうな熱さとかではないけど、ダヴィには苦行でした・・。

でも私たちについてくるけなげなダヴィ。


結構登ったら、下界がこんな。
b0086939_17355195.jpg
下界は霧が出ていてキャンプ場からもいつも見える富士山は今日は見えなかったんだけど、
雲海に沈んでます。

さらに登り双子山を目指します。

と、ここで事態急変。
休憩をはさんで歩いていたら、何だか私の足が急に重くなってなかなか進みません。
なんか、気持ち悪いような・・、どきどきするような・・・。

前を見ると、夫を先頭に少し遅れてダヴィが私を待っててくれてます。

夫にどうした?と言われて、説明したら、
それは高山病じゃないかと。

というわけで、途中で引き返すことにしました。
帰りは砂地でなく、樹林帯を通ることに。

そうしたら、今まで私たちに合わせてとぼとぼと歩みを進めていたダヴィが、
林の中をとっても楽しそうにあっちへいったりこっちへいったり
走っていきます。
さすが・・ダヴィンチ、私と違って体力は有り余ってたんだね。
私も下りになれば全然体調も良くなって歩くのも平気。

寄り道しながらあっという間に降りてきました。
b0086939_18142048.jpg


登り30分、下り20分で今日の富士(双子山)登山は終了・・・・。
b0086939_18154946.jpg


う~ん、ダヴィと山登りにも挑戦だ!と思っていたけど、
私はどうやら低山ハイキングレベルのようです。

まあ、それでもいっか。






思いのほか早く登山が終了した為、そのあと忍野八海に足をのばしてみることに。
b0086939_18223463.jpg


確かに湧き水はきれいだったけど、
b0086939_1824419.jpg


もっと涼める場所かと思ったら、人が多く住宅地の中でちょっと残念な感じ。
b0086939_1823855.jpg







さてキャンプ場に戻り、お疲れのダヴィは
b0086939_18271240.jpg


我が家とばかりにテントサイトでおくつろぎ。
b0086939_18252080.jpg


土曜日でキャンプ場もにぎやかになっていましたが、
関係なく夜も熟睡でほとんど吠えませんでした。
b0086939_18284697.jpg






暗くなるころから霧雨となり、夜中は結構な降り。


明けて三日目はダヴィは朝の散歩の後、私たちが朝ごはんと片づけ中もテントの中で二度寝。
出てくる気配なし。
すっかりテントの中が安心できる場所になったよう。

でももう帰るからね~。

霧雨の中を撤収作業し、早々にうちに帰ってきました。

横浜に着いたら、晴れてて暑い!

晴れ間にともう一度テントやタープを設営し、乾かして再度収納。
頑張って片づけた頃に、横浜も雨模様となりました。

ダヴィはず~~~っと昼寝中です。







お疲れさまでした。



そういえば、ハイキングでダヴィは後足両方と前足の肉球をすりむいちゃってました(涙

テントで夜にべろべろ舐めてたから朝になって見たら、
肉球の一部が赤くめくれてるの。

富士の砂礫か、樹林帯に落ちてたたくさんの枯れ木で傷つけたみたい。

幸い大したことなく、歩くのも普通で痛がってはいません。

でも歩く場所には気をつけてあげないとと反省しました。
[PR]
by inunodavinti | 2011-05-26 17:00 | お泊まり | Comments(0)

犬のダヴィンチ&猫のマロンとその家族の成長記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30